Japan Hair Donation & Charity

JHD&Cは、
寄付された髪だけで作ったメディカル・ウィッグを
頭髪に悩みを抱える18歳以下の子どもたちに
完全無償提供している日本で唯一のNPO法人です。

トップページに戻る

JHD&Cとは?

JHD&Cとは?

JHD&Cとは?

Japan Hair Donation & Charityは、一般の方に「ヘアドネーション(髪の寄付)」を募り、この髪の寄付と募金等によりフルオーダーのメディカル・ウィッグ『Onewig』(JIS規格取得)を製作し、18歳以下の子どもたちに完全無償で提供している国内唯一のNPO法人です。この仕組みを美容文化のなかのチャリティとして国内に定着させたのは私たちだと自負しております。

JHD&C(通称ジャーダック)は、脱毛症や乏毛症、小児ガンなどの治療や外傷等、何らかの事情で「頭髪に悩みを抱える子どもたち」に、ヘアドネーションによる献髪のみで作ったメディカル・ウィッグを無償提供することで「社会性の回復」をサポートし、子どもたちの未来を守ることを目的として設立されました。同時にこの仕組みは「ドナーの想い・善意」が、髪を通じて子どもたちへとつながっていく、Sustainability(持続可能性)の高い活動としても広く認知されています。

JHD&Cが育ててきた「ヘアドネーション」というカルチャーは、既存の慈善活動に対するイメージを変え、人々がボランティア活動に対してなんとなく抱いてきた「負のイメージ」を払拭すると共に、市民のボランティア参加へのハードルを引き下げた活動として、高く評価されています。

そのような人々の助け合いや、ボランティア精神に基づく成熟した社会とは、私たちが理想とする「必ずしもウィッグを必要としない社会」――病気や事故で髪をなくしても、クラスメイトから奇異な目で見られることなく、これまでどおりつきあえる、そんな仲間や友達がいる学校。ウィッグをつけなくても、ジロジロと見られない社会――なのです。

さまざまな髪形が個性として受け入れられているように、「髪がない」ことも個性として迎えられる、そんな多様性のある社会をめざして活動を続けていく所存です。

子どもたちが生きる社会とウィッグ

「病気になる」「髪を失う」ことは、誰のせいでもありません。
にもかかわらず、それがきっかけで子ども自身の生活に支障をきたすことがあるなら、それは非常に残念で悲しいことです。たとえば、学校で勉強したり、同じ年頃の子どもたちと一緒に過ごしたりするのは、子どもの成長・発達には必要不可欠ですが、髪がないことによって、そこへ参加するのが著しく困難になることもあります。また、自分は周りからどんなふうに見られているのか、と考えるのは相当悩ましいことでしょうし、本人だけでなく、親御さんも不安や焦りを募らせるであろうことは、想像にかたくありません。抗ガン剤治療や放射線治療を受ける場合、副作用による脱毛問題は復学の際の一番のネックになっているとの報告もあり、実は、病気と同等に深刻な問題を抱えているとも言えます。

もちろん、ウィッグをつけさえすれば、すべてが解決するわけではありません。
それでも、髪を失った子どもたちがウィッグをつけることで治療に前向きになったり、普通の何気ない日常を送れるようになったりするなら、それはQOL(生活の質)の向上といえるでしょう。私たちはぜひ、その力になりたいのです。

しかしながら、今一般に販売されている多くのウィッグは手頃な価格を実現するために、S・M・L等の少ないサイズ展開で大量生産されており、そのほとんどが大人用です。小児用ウィッグも流通してはいるものの種類が少なく、成長段階にある子どもの頭に柔軟に対応するものではありません。また、ヘアスタイルも限られており、選択肢が少ないのが現状です。

それゆえ、小児用ウィッグを手に入れるには、大変高価(30万~50万円)なセミオーダーやフルオーダーで購入せざるをえません。しかしながら、成長によるサイズの変化や経年劣化に伴う買い換えは必須であり、治療と並行してその費用を捻出することは、家計への重い負担になります。

上記のような理由から、JHD&Cでは「ドナーの想いと善意」を子どもたちに直接届けるため、ヘアドネーションにより製作されるメディカル・ウィッグ(JIS規格取得)の完全無償提供を実現しています。
また、丈夫で安価な素材として、ほとんどのウィッグに採用されている化繊・アクリル等の人工素材ではなく、自然で、元々の自分の髪に限りなく近い「人毛100%のフルウィッグ」を提供し続けています。

「善」の連携

JHD&Cがヘアドネーションの仕組みを確立する以前は、カットされた髪のほとんどはただの「ゴミ」として捨てられていました。そこで、2人の美容師が「髪への感謝と恩返し」をコンセプトに、ヘアドネーションという社会貢献活動を開始しました。

アメリカにおいてすでに認知され、機能している仕組みを参考に、日本に合わせて改良した現在のシステムを考案したのは2008年のことです。
それまでは処分されるだけだった髪を、加工・アップサイクルを経て、人毛100%のメディカル・ウィッグの素材として活用するというアイディアは、多くの市民や著名人の賛同を得ると共に、美容師の皆さまにも支持されました。現在ではヘアドネーションは個人の取り組みとして、成熟した社会活動になっています。

オシャレという自由

年齢を問わず、「オシャレがしたい! オシャレでいたい!」と思うのは人の自然な感情です。また、人は社会のなかにあって初めて、自分の個性を見いだしたり成長したりするものです。
しかし、髪に悩みを抱える子どもたちは、その機会を阻害されがちです。本人にとって大きなストレスになるとともに、子どもたちの無限の可能性を摘み取るものにもなりかねません。それは私たちの社会全体の損失と言ってもいいでしょう。
ウィッグを前向きな気持ちでつけること、そしてオシャレを楽しむという自然な感情を肯定することで、子どもたちの状況が少しでも良くなるきっかけを提供したい。JHD&Cはそう考えています。

「ウィッグのおかげで気軽に外出できるようになった」
「ウィッグをつけたら、周囲の目が気にならなくなった」
「学校で明るく振る舞えるようになった」
JHD&Cから受け取ったウィッグをつけている子どもたちは、そう語ります。

ご家族からは以下のような所感をいただいています。
「娘は毎日、元気に楽しく学校へ通っています。ウィッグをつけて、鏡の前でセットする時間も長くなりました。週末は、ヘアスタイルに合わせた洋服選びも楽しいようです。髪の毛の力ってすごいですね。母としてもうれしく思います」
「ウィッグを手にしてから、娘はおでかけの際に以前は嫌がっていたスカート等、女の子らしい格好をするようになったり、可愛いバッグや小物を欲しがるようになりました。ご提供いただいたウィッグがきっかけで、今まで胸にしまい込んでいたことを表現できたり、新しい自分を見つけることができたのなら、母親としてとてもうれしいです」
このように、ウィッグの効果が具体的に語られています。

JHD&Cは、日本での「ヘアドネーション」の仕組みに先鞭をつけ、新しい文化として社会に確立させました。
洋服を着替えるように、気分に応じてウィッグを選ぶ。ウィッグは、自分自身を自由に表現するためのオシャレのひとつです。ウィッグをつけてもつけなくても、その選択が当たり前に受け入れられるように「ウィッグ文化」を浸透させていきたいと私たちは考えています。
そして、ゆっくりではあっても「多様性が受け入れられる社会」が形成されることをめざして、JHD&Cはこれからも活動し続けます。

団体概要

代表者メッセージ

2009年9月の団体設立以降、ヘアドネーションを通じてつながったすべての皆さまに、心より御礼を申し上げます。
日本においてJHD&Cが先鞭をつけ、確立したヘアドネーションの仕組みは、皆さまの善意やご協力に支えられ、広く世間に認知されるようになりました。今や「文化」として自らの意思で取り組むチャリティに成長しています。
このともしびを絶やすことなく社会全体で大きく育てていくために、私たちは全力で取り組む所存です。
何らかの事情で髪に悩みを抱える子どもたちが、安心して普段の生活を送れるお手伝いができれば、うれしく思います。

団体概要

名称

特定非営利活動法人
Japan Hair Donation & Charity
通称 NPO法人 JHD&C(ジャーダック)

住所

〒531-0072
大阪府大阪市北区豊崎5-7-11
アベニュー中津803号室

役員

渡辺貴一(代表理事)

団体職員数

5名

事業内容

ヘアドネーションによる小児用メディカル・ウィッグ(JIS S9623)の無償提供

活動報告

活動計算書(PDF)

定款

定款(PDF)

メディア掲載

2018年

  • 『読売KODOMO新聞』(6月20日付、読売新聞社)
  • 『佼成新聞デジタル』(6月21日付、佼成出版社)
  • 『THREE TREE JOURNAL』(6月13日・20日付、ACRO)
  • 『SHINBIYO』(6月1日付、新美容出版)
  • 『女性自身』(5月29日号、光文社)
  • 『ソノサキ』(5月29日放送、テレビ朝日)
  • 『徳島新聞』(5月25日付、徳島新聞社)
  • 『シティリビング・OL3分NEWS』(5月11日号、サンケイリビング新聞社)
  • 『AbemaPrime(アベマプライム)』(5月9日放送、AbemaTV)
  • 『よ〜いどん!』(5月4日放送、関西テレビ放送)
  • 『沼津朝日新聞』(5月3日付、沼津朝日)
  • 『25ans』(6月号、ハースト婦人画報社)
  • 『熊本日日新聞』(4月25日付、熊本日日新聞社)
  • 『スッキリ』(4月18日放送、日本テレビ)
  • 『東京新聞』(4月18日付、中日新聞社)
  • 『JP労組近畿NEXT』(第126号、日本郵政グループ労働組合近畿地方本部)
  • 『京都新聞』(4月11日付夕刊、京都新聞社)
  • 『花ぎれ』(No.79「善く生きるひと」、大阪編集教室)
  • 『日刊工業新聞』(4月5日付、日刊工業新聞社)
  • 『北海道新聞』(3月28日付夕刊、北海道新聞社)
  • 『河北新報』(3月15日付、河北新報社)
  • 『北海道新聞』(3月7日夕刊、北海道新聞社)
  • 『福井新聞 こどもタイムズ』(3月4日付、福井新聞社)
  • 『福井新聞』(2月22日付、福井新聞社)
  • 『読売新聞』(2月18日付「日曜の朝に」、読売新聞社品)
  • 『MUJI.net MailNEWS』(2月14日、良品計画)
  • 『朝日新聞』(1月31日付夕刊、朝日新聞社)
  • 『のんびる』(2月号、パルシステム生活協同組合連合回)
  • 『Precious(プレシャス)』(2月号、小学間)
  • 『かんさい情報ネットten.』(1月5日放送、読売テレビ)
  • 『産経新聞』(1月4日付夕刊、産経新聞社)

2017年

  • 『JJ』(2月号、光文社)
  • 『髪がつなぐ物語』(別司芳子 著、文研出版)
  • 『琉球新報』(11月19日付、琉球新報社)
  • 『報道Liveトコトン』(11月25日放送、MRT宮崎放送)
  • 『朝日新聞』(11月14日付、朝日新聞社)
  • 『北海道新聞』(11月9日付長官、北海道新聞社)
  • 『北海道新聞』(9月27日付長官、北海道新聞社)
  • 『More rejob』(9月27日付、リジョブ)
  • 『北海道新聞』(9月19日付夕刊、北海道新聞社)
  • 『ニュースウォッチ9』(9月19日放送、NHK)
  • 『毎日小学生新聞』(9月15日付、毎日新聞社)
  • 『FM HANAKO』(9月4日放送、FM守口)
  • 『京都新聞』(9月2日付デジタル版、京都新聞社)
  • 『ノンストップ』(8月23日放送、フジテレビ)
  • 『朝日新聞』(8月21日付、朝日新聞社)
  • 『熊本日日新聞』(8月20日付、熊本日日新聞社)
  • 『Fresh Faces』(8月19日放送、BS朝日)
  • 『読売新聞』(8月18日付朝刊、読売新聞社)
  • 『京都新聞』(8月17日付、京都新聞社)
  • 『朝日新聞』(7月29日付、朝日新聞社)
  • 『北日本新聞』(7月28日付、北日本新聞社)
  • 『みんなのニュース』(7月27日放送、UHB北海道文化放送)
  • 『信州がんプロジェクト』(7月25日放送、abn長野朝日放送)
  • 『長崎新聞』(7月23日付、長崎新聞社)
  • 『みんなのニュース』(7月21日放送、石川テレビ放送)
  • 『リンネル』(9月号、宝島社)
  • 『日刊スポーツ新聞』(7月17日付、日刊スポーツ新聞社)
  • 『神戸新聞』(7月14日付、神戸新聞社)
  • 『信濃毎日新聞』(7月13日付朝刊、信濃毎日新聞)
  • 『朝日新聞』(7月12日付、朝日新聞社)
  • 『ニュースエコー』(6月20日放送、IBC岩手放送)
  • 『中村こずえのみんなでニッポン日曜日!』(6月18日放送、ニッポン放送)
  • 『編集長 稲垣吾郎』(6月7日放送、文化放送)
  • 『読売新聞』(5月24日付朝刊、読売新聞社)
  • 『報道ゲンバ Face』(5月23日放送、テレビ信州)
  • 『日本経済新聞』(5月15日付社説「春秋」、日本経済新聞社)
  • 『COOPステーション』(5月10日付vol.344、生活協同組合コープこうべ)
  • 『毎日新聞』(5月9日付、毎日新聞社)
  • 『UP!』(5月9日放送、名古屋テレビ放送)
  • 『朝日新聞デジタル』(5月7日付、朝日新聞社)
  • 『毎日新聞』(5月6日付、毎日新聞社)
  • 『スーパーJチャンネル長崎』(4月21日放送、長崎文化放送)
  • 『みんなのテレビ』(4月19日放送、テレビ新広島)
  • 『琉球新報』(4月18日付、琉球新報社)
  • 『イッポウ』(4月17日放送、中部日本放送)
  • 『朝日新聞』(4月6日付、朝日新聞社)
  • 『マイノリティ向上委員会』(4月5日放送、ゆめのたね放送局)
  • 『ぐろーばる・あい』(4月号、神奈川区民活動支援センター)
  • 『BEAT EXPO』(3月30日放送、FM802)
  • 『朝日新聞』(3月27日付、朝日新聞社)
  • 『毎日新聞』(3月26日付、毎日新聞社)
  • 『琉球新報』(3月26日付、琉球新報社)
  • 『VOICE』(3月15日放送、毎日放送)
  • 『MyAge』(vol.11、集英社)
  • 『クロワッサン特別編集』(2月20日発売、マガジンハウス)
  • 『ママのための情報サイト MAMAPLA』(2月22日付、and factory)
  • 『ひるまえクルーズかごしま』(2月22日放送、NHK鹿児島放送局)
  • 『情報WAVEかごしま』(2月22日放送、NHK鹿児島放送局)
  • 『月刊キャレル』(3月号、新潟日報サービスセンター)
  • 『あっぷる』(2月17日放送、長崎放送)
  • 『news every.』(2月10日放送、長崎国際テレビ)
  • 『とびだせ!夕刊探検隊』(2月6日放送、朝日放送)
  • 『news every.サタデー』(2月4日放送、日本テレビ)
  • 『AbemaPrime(アベマプライム)』(2月3日放送、Abema TV)
  • 『ハレタル』(2月3日付、東洋経済新報社)
  • 『The Asahi Shimbun』(2月2日付、朝日新聞社)
  • 『朝日新聞』(2月2日付、朝日新聞社)
  • 『朝日新聞』(1月15日付、朝日新聞社)
  • 『Oha!4 NEWS LIVE』(1月30日放送、日本テレビ)
  • 『ママテナ』(1月3日付、NTTドコモmamatenna製作委員会)

2016年

  • 『今日感テレビ』(12月16日放送、RKB毎日放送)
  • 『報道ステーション SUNDAY』(12月18日放送、テレビ朝日)
  • 『読売新聞』(12月11日付、読売新聞社)
  • 『日経DUAL』(12月9日付、日経BP社)
  • 『ライフネットジャーナル・オンライン』(11月29日付、ライフネット生命保険)
  • 『日本経済新聞』(11月21日付夕刊、日本経済新聞社)
  • 『サイゾーウーマン』(11月17日付、サイゾー)
  • 『サンケイスポーツ』(11月13日付サンデースペシャル、産経新聞社)
  • 『所さん!大変ですよ』(10月27日放送、NHK)
  • 『毎日新聞』(10月13日付、毎日新聞社)
  • 『上毛新聞ニュース』(10月3日付、上毛新聞社)
  • 『大阪日日新聞』(10月4日付、大阪日日新聞社)
  • 『沖縄タイムス』(10月11日付、沖縄タイムス社)
  • 『夕方ワイド新潟一番3部』(9月29日放送、テレビ新潟)
  • 『cococolor』(9月26日付、電通ダイバーシティ・ラボ)
  • 『あさチャン』(9月15日放送、TBSテレビ)
  • 『みんなのニュース』(9月12日放送、フジテレビ)
  • 『LEE』(10月号、集英社)
  • 『NEWS ZERO』(9月5日放送、日本テレビ)
  • 『ゆ~わくワイド&ニュース』(9月1日放送、テレビ大分)
  • 『読売新聞』(8月31日付東京本社版、読売新聞社)
  • 『UMKスーパーニュース』(8月29日放送、テレビ宮崎)
  • 『土曜朝イチエンタ。堀尾正明+PLUS!』(8月13日放送、TBS)
  • 『子どものうちに知っておきたい!おしゃれ障害』(岡村理栄子 著、少年写真新聞社)
  • 『つひまぶ』(7月号、大阪市北区フリーペーパー)
  • 『EARTH Lab』(7月9日放送、TBS)
  • 『神戸新聞NEXT』(6月8日付、神戸新聞社)
  • 『朝日新聞医療サイト・アピタル』(6月7日付、朝日新聞社)
  • 『リビング和歌山』(5月28日付、和歌山リビング新聞社)
  • 『ボラみみ』(6月号、特定非営利活動法人ボラみみより情報局)
  • 『ツル亀らじお』(5月15日放送、長崎放送)
  • 『三上公也の情報アサイチ』(5月17日放送、ラジオ関西)
  • 『にっぽん紀行』(2月25日放送、NHK)

新聞

  • 読売新聞
  • 朝日新聞
  • 毎日新聞
  • 毎日小学生新聞
  • 産経新聞
  • 日本経済新聞
  • 中日新聞
  • 北海道新聞
  • 西日本新聞
  • 中国新聞
  • 神戸新聞
  • 東京新聞
    …など多数

雑誌

  • nina’s
  • 女性自身
  • フォアミセス
  • 赤ちゃんとママ
  • 天然生活
  • クロワッサン
  • リンネル
  • JJ
  • Precious
  • 女性自身
    …など多数

ラジオ

  • J-wave
  • NHK
  • ニッポン放送
  • 文化放送
  • TBSラジオ
  • FM802
  • FM cocoro
  • ABC朝日放送
  • ラジオ関西
  • kissFM
  • 東海ラジオ
  • ラジオジャパン
  • RCCラジオ
    …など多数

テレビ

  • NHK
  • テレビ朝日
  • 日本テレビ
  • フジテレビ
  • TBS
  • AbemaTV
  • BS朝日
  • 関西テレビ
  • よみうりテレビ
  • 毎日放送
  • 信越放送
  • 宮崎放送
  • 北海道文化放送
  • 長野朝日放送
  • 石川テレビ放送
  • 岩手放送
  • テレビ信州
  • 名古屋テレビ放送
  • 長崎文化放送
  • テレビ新広島
  • 中部日本放送
  • 長崎放送
  • 長崎国際テレビ
  • RKB毎日放送
  • テレビ新潟
  • テレビ大分
  • テレビ宮崎
  • 琉球放送
    …など多数

Menu

髪の毛の送り先

〒531-0072
大阪市北区豊崎5-7-11
アベニュー中津803号 NPO法人JHD&C事務局

MAPはこちら

TOP