Japan Hair Donation & Charity

JHD&Cは、
寄付された髪だけで作ったメディカル・ウィッグを
頭髪に悩みを抱える18歳以下の子どもたちに
完全無償提供している日本で唯一のNPO法人です。

トップページに戻る

よくあるご質問

よくあるご質問

JHD&Cに寄せられるお問い合わせのうち、件数の多いものをまとめました。
このページをよく読み、それでも解決しない場合は、メールにてお問い合わせください。

長さや状態などの規定、ヘアドネーションの方法については「髪の毛を送る」を、
『Onewig』の詳細については「Onewigができるまで」を、
ウィッグの申し込み方法については「ウィッグを申し込む」を、それぞれご覧ください。

髪の毛はどこに送ればいいでしょうか?

こちらまでお送りください。

〒531-0072
大阪府大阪市北区豊崎5-7-11-803
「NPO法人JHD&C事務局」
(宅配便記載用電話番号 06-6147-5316)

お電話でのお問い合わせは承っておりません。

おすすめの送付方法はありますか?

普通郵便や宅配便など、どのような方法でも受け取れますが、到着したかどうかを確認したい方には「追跡サービス」つきの発送方法をおすすめします。
郵便局のレターパック、レターパックライトや、伝票番号で荷物の状態が検索できる宅配便なら、ご自身での到着確認が可能ですので、ぜひご検討ください。
なお、料金不足や着払いでの受け取りはできませんので、ご注意ください。

髪の毛が事務局へ届いたかどうか、どうすれば確認できますか?

追跡サービスのついた発送方法なら、ご自身で確認できます。
JHD&Cでは個人情報保護のため、送付物の封筒などは事務局に留めず、専門業者に委託して処分しています。また、最低でも一日100以上の送付物があるので、ドネーションヘアが入っていた封筒等による到着確認はいたしかねます。ご了承ください。
JHD&C指定の形式で返信用封筒を同封なさった方には、はがきサイズの「受領証」をお送りします。

詳しくは「返信用封筒の作り方」(PDF)をご覧ください。
封筒の宛先間違いや切手の貼り忘れ、封筒の入れ忘れには対応できません。
送る前に再チェックを!

メディカル・ウィッグって何ですか?

「メディカル・ウィッグ」は、厳しい基準をクリアした「JIS規格適合品(JIS S9623)」にのみ許された名称です。
JHD&Cではメディカル・ウィッグに活用できる毛髪の長さを「31cm以上」と定めています。この長さは、頭をすっぽりと覆う全頭用ウィッグ(フルウィッグ)に用いる毛髪の世界的な基準「12インチ」をセンチメートルに換算した数字です。

古い髪の毛は受け付けてもらえますか?

古い髪の毛も、問題なく活用できます。
「昔切った髪を大切に保管していたけど、処分に困っている」という場合などは、ぜひヘアドネーションにご協力ください。

使っていないウィッグやヘアピースは寄付できますか?

残念ながら、現在は受け付けておりません。ご了承ください。
ただし、古かもじ(日本髪用の部分ウィッグ)やエクステンションなど、いったん加工された髪の毛はそのままウィッグの原料として利用はできませんが、伝統工芸用の漆刷毛(うるしばけ)の原料になります。
もしそのようなアップサイクルの仕方でもよろしければ、ぜひお送りください。
JHD&Cが責任を持って、漆芸製作の職人さんのもとにお届けします。

男性でも、日本人以外でもヘアドネーションできますか?

もちろんです!
ヘアドネーションは、国籍・性別を問わず、どなたでも参加できるボランティアです。

男性でも、日本人以外でもウィッグを申し込めますか?

もちろんです!
ウィッグを申し込むための条件は「18歳以下の頭髪に悩みを抱える子ども」これひとつです。これまで大勢の男性にも提供してきましたので、安心してお申し込みください。
日本国内にお住まいであれば国籍・性別を問わずお申し込みになれますが、『Onewig』の仕上がりは「自然な黒髪」です。また、ウィッグにカラーリング等の化学処理を施すと急激に劣化し、すぐに使えなくなってしまいます。
以上の点に納得されましたら、ぜひお申し込みください。

治療のため、輸血や投薬を受けています。ヘアドネーションできますか?

問題なくご協力になれます。ご安心ください。

送る前に、トリートメントなどをしたほうがいいですか?

必要ありません。むしろ、なるべく化学処理を施さないほうが髪の毛にとっては良い状態なので、そのままお送りください。 また、清潔に保ってさえいれば、日常の特別なお手入れは必要ありません。

家族や友達など、特定の個人のためにヘアドネーションはできますか?

残念ながらできません。
お預かりした髪の毛は、ウィッグを作る前の段階ですべてがバラバラになって混ざり合ってしまいます。
そのため、特定のウィッグに使用する前提でドナーの髪の毛を処理するのは、現実的には不可能ですが、規定を守って寄付してくださった皆さまの髪の毛は、必ずウィッグとして使われています。
どこかで誰かの「日常」を取り戻すお手伝いをしていると考えてくださればと思います。

事務局の見学はできますか?

はい、可能です。その際は必ず「お問い合わせフォーム」からお申し込みください。
折り返し事務局から連絡いたします。
なお、事務局の勤務状況により、ご希望に沿えない場合があります。
あらかじめご了承ください。

ホームページ内の画像や写真、内容を転載できますか?

はい、可能です。
その際は、必ず「JHD&Cのホームページより」と引用元を明記のうえ、個人情報には十分ご注意ください。
なお、ウィッグを受け取られた方(レシピエント)の写真については、モザイク等の画像処理済みのものを含め、すべて転載不可です。
「JHD&Cのホームページでの活動報告用」に限定して写真を提供していただいているので、なにとぞご理解をお願いします。

JHD&Cのロゴマークを使ってもいいですか?

恐れ入りますが、印刷物・Web用ともに、ロゴマークのご使用はご遠慮ください。

寄付金の領収書を発行してもらえますか?

はい、可能です。
領収書が必要な方は、振り込みの際「お客様情報欄」に「領収書希望」とご記入のうえ、「領収書発行フォーム」からお申し込みください。
理・美容室などの店舗の場合、売上金の一部をご寄付いただいたものについては領収書は発行できますが、募金箱のお金(ドナーやお客さまから託された募金)に対しては発行できません。ご了承ください。

募金や寄付金の振込先は?

振込先はこちらです。

*募金・寄付金の振込先*
【ゆうちょ銀行】
名称:NPO法人 JHD&C
名義:トクヒ)ジャーダック
記号番号:00940-6-144848

【ゆうちょ銀行以外から振り込む場合】
店名:〇九九(ゼロキュウキュウ)
預金種目:当座
口座番号:0144848

ゆうちょ銀行同士の送金に振込手数料はかかりません(同月内に5回まで無料です)。
詳しくはこちら

その他の金融機関をご利用の場合は、恐れ入りますが振込手数料をご負担ください。

クレジットカードでの募金をご希望の際は「募金する」をご覧ください。

電話で問い合わせをしたいんですが…。

現在、お電話でのお問い合わせには対応しておりません。ご了承ください。
まずはホームページをよくお読みになり、それでも解決しない場合はメールでお問い合わせください。
なお、お問い合わせへの返信には数日を要する場合がございます。
また、携帯メールアドレスでのお問い合わせの場合、受信設定によりJHD&Cからの返信が届かないケースがあります。メールを確実に受信できるよう「PCからの着信拒否設定」を必ず解除してからお問い合わせください。
あわせて「迷惑メールフォルダ」に振り分けられていないかどうか、確認をお願いします。

お問い合わせはこちら

Menu

髪の毛の送り先

〒531-0072
大阪市北区豊崎5-7-11
アベニュー中津803号 NPO法人JHD&C事務局

MAPはこちら

TOP