ウィッグ
受け取りたい方へ

頭髪に悩みを抱える18歳以下の方は
JHD&CのOnewig
無償で受け取ることが出来ます。 SCROLL

JHD&Cが
ウィッグ無償提供する理由

JHD&Cでは、「ひとりでも多くの子どもたちが、周りの目を気にせず、のびのびと学校に通ってほしい」という想いで、 寄付された髪(ヘアドネーション)だけを使用して製作した医療用ウィッグの無償提供を行っています。

JHD&Cがウィッグを無償提供する理由

Onewigとは?

Onewigは、経済産業省が定める厳しい基準をクリアしたJIS規格適合の小児用の医療用ウィッグです。
JIS規格では、ウィッグの外観、性能(毛材、ネット部、スキンベース部、インナーキャップ、両面テープ)の品質において、遊離ホルムアルデヒド試験やパッチテストなどの検査について規定されています。

Onewigは、経済産業省が定める厳しい基準をクリアしたJIS規格適合の小児用の医療用ウィッグです。

この規格は、主として抗がん剤投与若しくは放射線治療の副作用、先天性脱毛症又は重度の円形脱毛症によって頭髪が脱毛した頭部をカバーすることを目的に使用する医療用ウィッグ及び付属品(インナーキャップ及び両面テープ)の一般仕様について規定する。

日本産業規格JIS:2015
医療用ウィッグ及び付属品─一般仕様より抜粋
日本産業標準調査会

Onewigは、日本毛髪工業協同組合が認証するJIS<医療用ウィッグ>製品規格適合マークが確認できます。

日本毛髪工業協同組合認証のJIS<医療用ウィッグ>製品規格適合マーク

日本毛髪工業協同組合認証のJIS<医療用ウィッグ>製品規格適合マーク

Onewigができるまで

JHD&Cに髪の毛が届いてからOnewigができるまでの様子をご紹介します。

ウィッグを申し込む

新規受付休止のお知らせ

現在、新規のお申し込みを一旦休止しています。受付再開の際にはHPおよび公式SNSでお知らせしますので今しばらくお待ちください。ご不便をおかけしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。

なお、休止期間中に19歳を迎える見込みの方は個別にご対応させていただきますので、メールフォーム「Onewigのお問い合わせ」よりご連絡ください。

一時受付停止のお知らせ

Onewigを申し込むための条件

「18歳以下であること」だけ

「18歳以下であること」だけ

すべての費用はボランティアと寄付金によってまかなわれています。レシピエント(ウィッグを受け取るあなた)の負担はありません。
JHD&Cでは18歳以下なら何度でもウィッグをお申し込みできます。ウィッグの受取り完了後に改めてお申し込みください。

ウィッグ受け取りまでの流れ

Onewigの
ご使用・お取り扱いについて

Onewigは学校など集団生活での使用を前提としているため、ウィッグは「自然な黒髪」です。
特殊なトリートメント処理を施しているので、高温のコテで巻いたり、長時間のブローなどによって熱を与えたり、ご自身でのカラーリングやパーマなどを行うと、急激な劣化を招きます。

ウィッグケアサロンを探す

全国にあるJHD&Cの活動に賛同しているサロンでは、ウィッグのケア・カットができる店舗があります。こちらから検索することができます。

ウィッグケアサロンを探す

また、髪がある人もない人も、気軽に立ち寄れて何でも相談できるように、JHD&Cサテライトサロンもご予約いただけます。

その他、お役立ち情報

医療用ウィッグの助成をおこなっている都道府県・市区町村をご紹介します。

自治体による助成一覧

髪に悩みを持つ方やそのご家族に向けて、さまざまなプログラムやサービス、相談窓口などをご紹介します。

ウィッグお役立ちリンク集

Wig+について

Onewigは18歳以下の方でしたら何度でもお申し込みいただけますが、提供までに長い期間お待たせしてしまうことや、必要なタイミングでお届けすることが難しい側面があります。

また、ウィッグは日常的に使用する「消耗品」です。経年劣化で毛が傷んだり、成長に伴ってサイズが合わなくなったりもしますが、日常生活においても汗やほこりが付着しやすいため洗い替え用に予備が必要です。

年齢制限なく、高品質でありながら、できるだけリーズナブルなウィッグを、必要なタイミングで購入いただけるようにできないかと、JHD&C×資生堂×アデランスの3者で連携を行い開発しました。

Wig+の詳細について

Wig+の詳細について