• 累計提供数
    607
  • ウィッグ
    待機人数
    218
  • JHD&C
    賛同サロン
    2,652

Language Guide

Language settings

閲覧支援

オフィシャルレポート 2022 vol.01

オフィシャルレポート

⼤阪樟蔭おおさかしょういん⼥⼦⼤学じょしだいがく だい37かい樟蔭しょういんファッションセミナー「ども・ウィッグ・未来みらい:ヘアドネーションという活動かつどう」(2022ねん1がつ15にち

オフィシャルレポート

2022ねん1がつ15にち)14~16東⼤阪市ひがしおおさかしにキャンパスをかまえる⼤阪樟蔭おおさかしょういん女子大学じょしだいがく開催かいさいされただい37かい樟蔭しょういんファッションセミナー「ども・ウィッグ・未来みらい:ヘアドネーションという活動かつどう」に、 JHD&C代表だいひょう渡辺わたなべ登壇とうだんしました。

当日とうじつひろ教室きょうしつ使用しようし、教室きょうしつ換気かんき消毒しょうどく座席ざせき間隔かんかくなど感染症対策かんせんしょうたいさく十分じゅうぶん留意りゅういおこなわれました。

150めい学生がくせいみなさまをはじめ、一般いっぱんかた教職員きょうしょくいんみなさまわせておおくのかた受講じゅこうしてくださいました。
また、あらたなみとしてZoomを使用しようしたセミナー配信はいしんおこなわれ、普段ふだんはなかなかおとずれることができない遠方えんぽうかたにも聴講ちょうこういただくことができました。

  • イベントフォト01
  • イベントフォト02

青色あおいろ矢印やじるしをタップして写真しゃしんをスライドしてね!

講演こうえんでは、スライド資料しりょうをもとにヘアドネーション活動かつどう説明せつめい活動かつどう意義いぎについて、また、JHD&Cが目指めざす『かならずしもウィッグを必要ひつようとしない社会しゃかい』と、その実現じつげんのためになに大切たいせつかについて、2時間じかんにわたっておはなしさせていただきました。

質疑応答しつぎおうとう時間じかんには、大阪樟蔭おおさかしょういん女子大学じょしだいがく非常勤講師ひじょうきんこうしとして「美容文化論びようぶんかろん」の教鞭きょうべんられている半田はんだまゆみから、
私自身わたしじしんもバズカットヘア(※)だが、日本にほん欧米おうべいではめられかたちがうことをかんじている。ヘアスタイルの選択せんたくふくめ、男性女性だんせいじょせいという固定概念こていがいねんにとらわれることなく自分じぶんらしさを表現ひょうげんできる社会しゃかいになればいいとおもう」
意見いけんをいただきました。
(※)ベリーショートヘアよりももっとみじか髪型かみがた。いわゆる丸刈まるがりの髪型かみがたげの髪型かみがたをバズカットヘアとうことも。

また、身体表象論しんたいひょうしょうろんをご専門せんもん研究けんきゅうされている大阪樟蔭おおさかしょういん女子大学じょしだいがく川野かわの佐江⼦さえこ教授きょうじゅからは
社会的しゃかいてきにヘアドネーションが“いいこと”とめられている背景はいけいがよくつたわった。学生がくせいたちのづきのとして、いおはなしうかがえてよかった」
とのご感想かんそう頂戴ちょうだいしました。

講演終了後こうえんしゅうりょうごのレポートから、ご参加さんかくださったかた感想かんそう一部抜粋いちぶばっすいしてご紹介しょうかいします。

  • ヘアドネーションからジェンダーやせい世間せけん常識じょうしきという奥深おくぶかはなしくことができ大変たいへんかったです
  • ヘアドネーションの活動かつどうとおして現在げんざい日本にほん社会しゃかいについて理解りかいできた
  • ヘアドネーションそのものの意味いみ以外いがいにも、ウィッグがこのなかにある理由りゆうなど、様々さまざまなことをまなぶことが出来できました。いままでの自分じぶん価値観かちかんとはちが意見いけんいて、あらたな価値かちかんじることが出来できました
  • 1つのウィッグをつくるのに50人分にんぶんかみ必要ひつようなことや、おくられてきたかみがウィッグとして完成かんせいするまでに3ねんもの時間じかんがかかることなど、本当ほんとう大変たいへんだということがかりました。ヘアドネーションはひと偏見問題へんけんもんだいにもつながっているというはなしいて、すごくづかされるものがありました
  • なぜウィッグが必要ひつようなのかというはなしで、いくつかの事例じれいいてふかかんがえさせられた。日本にほん外見がいけんたいする自由じゆうすくなすぎるとかんじた
  • まず、ウィッグをけないときにくいような社会自体しゃかいじたい変化へんかさせていかないといけないんだなとおもいました
  • ヘアドネーションには「いい行動こうどう」という印象いんしょうつよかったが、えていない部分ぶぶんがたくさんあるのだなとおもいました
  • ヘアドネーションをおこなうだけではなか偏見へんけんがよくならないというのは面白おもしろ気付きづきだとおもったが、寄付きふするひと善意ぜんいおこなっているし、ウィッグをもらうひとよろこんでいるのでいことではないと断言だんげんするのは残念ざんねんだった
  • ウィッグやヘアドネーションはことだとおもっていましたが、おはなしいて、ことばかりではないということをりました
  • たりまえ」という言葉ことばおくふかいな、かんがえて使つかわなければならないなとかんじました。相手あいてのことをおもってやる行動こうどう相手あいてにとってはきずつく行動こうどうだったり、おもいやりの行動こうどうはさまざまな角度かくどからかんがえなければならないとあらためてかんじました
  • ヘアドネーションの仕組しくみだけでなく、社会学しゃかいがくについてもかんがえることが出来できたのでかったです
  • 男性だんせいからジェンダーギャップについてのはなしくのは新鮮しんせんだった
  • 渡辺わたなべさんが日本初にほんはつのヘアカラーリストになったということにおどろいた。「めつけ」「常識じょうしき」をやめよう、かみがないひと障害しょうがいのあるひとへの偏見へんけんをやめようということをつたえたかったのだとおもった。自分じぶん人生じんせいをデザインするのは自分じぶん!

コロナなか講演こうえん開催かいさいけてご尽力じんりょくくださいました⼤阪樟蔭おおさかしょういん⼥⼦⼤学じょしだいがく関係者かんけいしゃみなさま、感染対策かんせんたいさくにご協力きょうりょくいただきながらご参加さんかくださったみなさま、Zoom配信はいしんでごらんくださったみなさまにこころより感謝かんしゃもうげます。

本当ほんとうにありがとうございました。

オフィシャルレポート
  • トップページ
  • 活動レポート
  • ⼤阪樟蔭⼥⼦⼤学 第37回樟蔭ファッションセミナー「⼦ども・ウィッグ・未来:ヘアドネーションという活動」レポート

TOP