• 累計提供数
    615
  • ウィッグ
    待機人数
    210
  • JHD&C
    賛同サロン
    2,607

Language Guide

Language settings

閲覧支援

JHD&C×デリシアスエーシー×リーブ21
コンディショナー 座談会-2

株式会社デリシアスエーシーにコンディショナーの成分について、株式会社 毛髪クリニックリーブ21との出会いについてお伺いしました。
JHD&C・リーブ21・デリシアスエーシーとの座談会をお届けします。

JHD&Cへアドネーションコンディショナーの特長

渡辺:
それでは、今回発売したコンディショナーについて、開発担当のD課長から特長を教えてください。

D課長:
いちばんの特長はノンシリコンタイプということですね。
ベースはリーブ21の「スカルプコンディショナーW」という製品ですが、そちらを踏襲しながらも新しい製品として開発しています。アミノ酸系のクリーム基材を使うことで、頭皮にも良くて敏感な肌の方にもお使いいただけると思います。

デリシアスエーシー中央研究所 D課長

渡辺:
一般的に、リンスとかコンディショナーはあまり頭皮にはつけない方がいいというイメージがあるんですけど、このコンディショナーは大丈夫なんですよね。

D課長:
はい、大丈夫です。このコンディショナーには普段スキンケアに使っている成分を主に配合していますので、髪をケアしながら、頭皮もしっかりケアできます。
顔の皮膚と頭の皮膚って繋がっているので、頭皮ケアはスキンケアの延長という考え方です。頭皮につけてもかゆみや肌荒れが出にくいですので、安心して使ってください。

渡辺:
もちろん、しっかりすすぐのはほかのコンディショナーと同じですね。

コンディショナー全成分表示

渡辺:
スキンケアに使われているような成分って、この全成分表示の中ではどちらになりますか?

D課長:
ほとんどの成分がそうなんですけど、BG、水添ナタネ油アルコール、ペンチレングリコールなどはスキンケアにもよく使われる成分ですね。うるおい成分として配合している植物エキスも、普段スキンケアで使われているものです。

今西:
例えば、西洋ハッカ葉エキスは何のために入っているんですか?

D課長:
主な目的は、頭皮のケアや制菌作用ですね。

渡辺:
コーヒー種子エキスって、ヘアケア成分として僕はあまり耳なじみがないんですけど、面白いですよね。

D課長:
これはカフェインとポリフェノールですね、髪の毛の表面につくとキューティクルを整える作用があります。
コーヒーには眠気覚ましのイメージがありますが、髪にハリ、コシを与えてくれて、頭皮や髪に使っても良い効果があるんです。

渡辺:
開発で苦労した点はどんなことでしょうか。

D課長:
私が普段作っているリーブ21の製品は頭皮ケアが特長なんですが、ヘアドネーションシャンプーとコンディショナーは「髪の毛」そのものに対して真剣に考えている方へ向けた製品なので、その点に細心の注意を払いました。私自身、普段と違う視点でイメージするのはとても勉強になりましたね。

開発時について語るD課長

渡辺:
頭皮のケアと髪の毛のケアの両立って難しいんだろうなと思っていましたが、そんな違いがあったんですね。

ところでシャンプー開発の時のように、今回もD課長の奥さまにサンプルを使っていただいたんですか?

D課長:
そうです、試作の段階で何度か試してもらいました。身内だから遠慮がなくて、感想を聞いたら「全然ダメ」ってはっきり言われるんですよね。

渡辺:
それは頼もしいモニターさんですね!最終的にはお誉めいただいたんですか?

D課長:
「まあこんなもんかな、レベル高いんじゃない?」って言われました。いつかぐうの音も出ないものを作って妻を見返してやりたいと思っています(笑)。

今西:
お互いに信頼関係があってこその率直な感想ですよね(笑)。

でも、シリコンなしでここまできしまないコンディショナーって、なかなかないと思います!手前味噌ですけれど。ウィッグケアにも良いですものね。

JHD&C広報 今西

渡辺:
うちのウィッグアドバイザーの職員は、このコンディショナーについて「乾かしたあとの櫛通りがとても滑らかで、静電気が起きにくい」と言っていました。

他の職員からも「シリコンなしでもすべすべになるし、洗い流しが早くてぬるつきが残らないのがいい」とか、「ブリーチしている髪に使ってもキシキシしなくて、乾燥後ふんわりして驚き」といった感想がありましたね。

今西:
シャンプーのユーザーさんからもセットで使いたいっていうリクエストがたくさんあったので、早くお手元にお届けしたいなって思っています。
このコンディショナー、サンプルは全部で何回作っていただいたんでしょうか。

溝井:
最初のサンプルをお渡ししたのが2019年3月で、そのあと全部で11回作りました。

渡辺:
ヘアドネーションのために髪を伸ばしている最中の方も使うことを考えると、シリコンを入れないとロングヘアは髪が引っかかるんじゃないかと思っていたんです。

僕も美容師なのでシリコンがダメだとは思っていないんですけど、コンセプトの問題としてシリコンは使わないっていう方向性になりました。なのに、シリコンを入れないでつるんと指通りをよくしてほしいとか、デリシアスさんには無茶な要望を出させていただきました。

今西:
香りに関してもそうですね。シャンプーと同じ香りにしようとか、いやいやシャンプーとは違う香りにして組み合わせたら素敵な香りになるのはどうだろうとか、かなり悩みました。

JHD&Cコンディショナー

渡辺:
それで何回も作り直していただいて、最終的に「シャンプーの完成度が高いからこれ以上の香りはいらない」と無香料になりました。

ウィッグをケアする際にも過度な香りが残らないのが良いですし、あるモニターの男性も「香りがないのが使いやすい」と評価してくれて、どなたにでも受け入れていただきやすいコンディショナーになったんじゃないかなと思っています。

あと、成分に関して今ちょっと資料を見せていただいてるんですけど、簡単にいうと「リーブ21のシャンプーやコンディショナーを水で希釈して排水を再現したものと水の2種類を使って泥水を作り、泥の分離について実験しました」というものです。

資料によると、リーブ21さんのスカルプコンディショナーBXやアクティシャンプーRの製品を希釈したものの方が、水に比べてきれいになっているんです。これらの製品はJHD&Cの製品のベースになっているものなんですが、このスカルプコンディショナーやシャンプーRの配合成分に、水をきれいにするような性質がありましたっていうことですよね。どうしてこのような作用があるんですか?

西島:
プラスイオンやマイナスイオンなどといった電解作用で起きると言われています。
水道の浄水場を例に取ると、汚れたお水はまず第1槽目でこういう(水中の浮遊物を分離して沈澱させるための)処理をします。

その処理には主にアルミニウムが使われることが多いのですが、環境への影響も懸念されています。家庭から出る排水の段階で可能な限り分離していけば、浄水場でアルミニウムを使う量を減らすことができますし、飲み水である水道水や浄水過程で出る汚泥への残留アルミニウムをできるだけ減らすことにもつながるんですね。

今西:
家庭から出る排水がどうやって浄水されているのか、その仕組みについて詳しく知りませんでしたが、さまざまな課題があるのですね。シャンプーやコンディショナーを作るために使った成分にこんな作用があるなんて面白いと感じました。髪をケアすることが環境に少しでも貢献できていると思うと素敵です。

試作を重ねて完成したシャンプーとコンディショナー

CHECK!

資料
リーブ21プレスリリース「2020年5月29日 弊社シャンプーの水質浄化効果についてレポート公開」掲載「モリンガ種子抽出液配合アクティシャンプーRの濁水浄化作用」と題した研究結果(摂南大学 尾山博士に委託した機能評価実験の結果)によると、リーブ21が販売している既存のシャンプー剤にも水質浄化効果が確認された。

リーブ21プレスリリース

アルミニウム
浄水場では水の濁りを取り除くために、凝集沈殿処理と砂ろ過処理を行っている。
濁った水はまず凝集剤という薬品を用いて水中の浮遊物を集めて沈殿させ、その後の上澄み水を砂で濾過し、細かな濁りを取り除く。
ポリ塩化アルミニウム(PAC)は日本で開発され、全国の浄水場で最も一般的に使われている凝集剤。

【参考リンク】東京都水道局ホームページ

【参考リンク】公益財団法人 水道技術研究センター
「浄水場で使用する薬品にはどのようなものがありますか。またその目的は?」

TOP