• 累計提供数
    542
  • ウィッグ
    待機人数
    283
  • JHD&C
    賛同サロン
    2,173

Language Guide

Language settings

閲覧支援

JHD&Cコンディショナー開発レポート
~工場見学~

ヘアドネーションコンディショナーの制作過程のこだわりや
開発秘話を詳しくお伝えします!

ヘアドネーションコンディショナー
JHD&Cコンディショナー開発レポート~工場見学~

ヘアドネーションコンディショナー

JHD&Cヘアドネーションシャンプーは、「髪の毛を切ることはできませんが、ヘアドネーションに参加できますか?」というご意見がきっかけで誕生しました。
チャリティプロダクトとしてシャンプーが登場してから、その収益金の全額がウィッグ提供費用として役立てられ、多くの皆さまに「髪を切らないヘアドネーション」としてご支援をいただいております。

シャンプーの感想とともに寄せられた「コンディショナーはありますか?」「コンディショナーとセットでギフトとして使用したい」などのご要望にお応えして、このたびチャリティプロダクトにヘアドネーションコンディショナーが加わりました。

そこで、JHD&C代表と職員がシャンプー&コンディショナー製造工場へ二度目の見学をさせていただき、コンディショナー製造工程やこだわりを詳しくレポートしております!
ぜひ、シャンプー開発レポートと併せてご覧ください。

コンディショナー工場見学レポート(動画)はこちら!

※音声が流れます

JHD&C(ジャーダック)ヘアドネーションコンディショナー工場見学

コンディショナー製造の現場へ

工場での作業や見学は、何をおいてもまずは「清潔」第一。
シャンプー見学時と同様に不織布でできたコートとズボン、帽子を身につけます。

見学用の上着に着替えます

念入りに手洗い、消毒。

手指の消毒も完了!

二重扉になった清潔スペース内で、衣服についたほこりなどを掃除機で吸い取ります。
いよいよ入室!

全身念入りに

まずは、原料の調合を行う「秤量・調整室」から見せていただくことに。デリシアスエーシーの担当者さんが出迎えてくださいました。

にこやかに出迎えてくださるお二人 秤量(ひょうりょう)・調整室

デリシアスエーシーではJHD&Cのシャンプーとコンディショナー以外にも多くの製品を製造しています。
ひとつの製品あたり平均30種類もの原料が使用され、配合量も緻密に定められているのだそう。アルファベットや数字を組み合わせて記載された原料名の中から間違いなくピックアップして計量、配合することから製品作りは始まります。

手元の配合表どおりに正確に計量 説明に聞き入るJHD&C代表

併設する原料倉庫には、常温保管できる原料がずらりと並んでいます。陳皮(みかんの皮)やビワ、ドクダミ、山椒など、植物系のエキスもたくさんありました。
奥には、冷蔵保管が必須な原料のために冷蔵室がありました。品質を保つため、1日に2回温度管理を行っています。

防火扉を隔てて、コンクリート造りの少量危険物倉庫にはオイル系の原料が保管されていました。
オリーブスクワラン油やグレープシード油、オレンジ油、レモン油やチェリーブロッサム油などが大きな缶やビンに入って並んでいます。

これらの原料は製品ごとに台車に乗せて、取り間違いがないか複数人で何度もチェックしています。

  • 原料倉庫
  • 原料倉庫内冷蔵室

青色の矢印をタップして写真をスライドしてね!

原料倉庫内少量危険物倉庫

こうして集めた原料を大きな釜に入れて乳化させます。
水に溶かした原料と、油に溶かした原料(固形、粉体、液体など)をそれぞれに適した釜で調整し、1つに混ぜ合わせ乳化します。

用途別に並んだ溶解槽
  • 精製水で乳化させる溶解槽
  • 回転するローターで乳化させる溶解槽

青色の矢印をタップして写真をスライドしてね!

デリシアスエーシーには容量1トンの真空乳化装置があります。
深さ2mのすり鉢状の釜には、650kgもの原料を仕込めるそうです。
35年前に導入したこの装置は、日々釜の中に人が入って丁寧に清掃し、大切に使用しているそうです。

真空乳化装置のこの大きさ!
  • 
真空乳化装置
  • 複数の羽が回転して、乳化させます

青色の矢印をタップして写真をスライドしてね!

こうして出来上がった製品は、充填室で容器に充填され、包装されます。
手作業で充填されたコンディショナーはキャップを人の手でゆるく仮締めされ、ベルトコンベアに乗せられ機械でしっかりと締められます。

専用の機械でしっかりとキャップが締められます

そして人の手で1本1本、シュリンク用の袋が被せられます。
この時、ボトルの真上から袋を被せて、しっかりと奥まで押し込むのがポイントです。これがずれるとシュリンクにしわができ、ボトルの底がよれてしまうのだそう。
一定のリズムで手早く行われていました。

  • 
手早く袋をかぶせます
  • 袋の向きも揃えられています

青色の矢印をタップして写真をスライドしてね!

袋を被せたボトルは、上下左右から熱風が吹き付けられるトンネルへ入っていきます。
熱風により一瞬でシュリンク袋が縮み、ボトルにぴったり密着する規則正しい様子に見入ってしまいました。

シュリンカーに入っていく製品

シュリンク前、シュリンク後に目視による丁寧な検品が行われ、合格したものだけが箱詰めされて出荷の時を待ちます。

JHD&Cのシャンプーとコンディショナーは、いくつもの作業工程を経て皆さまのお手元に届きます。

充填室の作業の様子

シャンプー製造の工場見学に続き、このたびのコンディショナー製造につきましても、お忙しいなかにもかかわらず見学の時間を作ってくださったデリシアスエーシーさま、リーブ21さま、本当にありがとうございました!

チャリティコラボレーション-JHD&Cと企業との取組み-
JHD&C×デリシアスエーシー×リーブ21

JHD&Cのヘアドネーション活動と理念に共感した企業の協力を得て、様々なアイディアとかたちでヘアドネーションを支える取り組みがチャリティコラボレーション。

JHD&C×デリシアスエーシー×リーブ21によるコラボレーションは「髪を切らないヘアドネーション」を合言葉に実現しました。ウィッグケアはもちろん、家族みんなで使えるヘアケアとして、頭皮と髪と環境に優しいシャンプー・コンディショナーの開発・製作に携わった3者の取り組みについて、こちらからぜひご覧ください。

JHD&C×デリシアスエーシーの新しい社会貢献のカタチ

JHD&C×デリシアスエーシー×リーブ21の新しい社会貢献のカタチ

関連リンク

JHD&Cヘアドネーションシャンプーは寄付の返礼品に選ぶことができます

チャリティファンディング
ページはこちら

TOP