• 累計提供数
    586
  • ウィッグ
    待機人数
    239
  • JHD&C
    賛同サロン
    2,652

Language Guide

Language settings

閲覧支援

自治体による助成一覧

医療用ウィッグの助成をおこなっている都道府県・市区町村をご紹介します。

自治体による助成一覧

「自治体による助成一覧」ページご利用にあたってのご注意

  • 各都道府県・市区町村(以下「自治体」)よりリンクの掲載及び転載許可を得て掲載しています。
    (掲載について回答がない自治体の情報は掲載していません)
  • 本ページに掲載されている情報(文章、画像など)の著作権は引用元の自治体に帰属します。
  • 自治体により助成の申請手順が異なります。
    ウィッグ購入前の相談が必要な自治体もありますので、必ずご自身で詳細をご確認ください。
    助成に関するいかなる損害にもJHD&Cでは責任を負いかねます。
  • 情報更新は年1回、4月から行います。
    各ページ記載の情報更新日をご確認ください。
  • 助成の可否や内容についてのお問い合わせは、各自治体までお願いします。
    JHD&Cではお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ページについて、転載、改変、派生著作物の作成はお控えください。

助成内容の記載について

  • 誤解をできるだけ避けるため、「転載」を基本とし、文言の追加・削除は可能な限り避ける方針としています。(文字下げや過剰な改行の削除、項目は残して内容を全文削除の上(詳細略)と記載、にとどめています)
  • ただし、乳房補正具に関しての詳細は、単独記載の場合は注釈なく削除し、文中の記載はそのまま残しています。
  • JHD&Cによる注釈がある場合は、「備考」「その他情報」欄に記載しています。

山口県の助成内容

市町村に対する助成 なし
個人に対する助成 あり
URL https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a11700/ganntaisaku/5.html
内容 「山口県アピアランスケア推進事業助成金」
(ウィッグ等の購入費の助成制度)
1 助成額
ウィッグや補整下着等の購入費の2分の1
(3万円を上限とし、1千円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てた額)
2 対象となる補整具
〇 全頭かつら(装着に必要な頭皮保護用のネットを含む。)
〇 ケア帽子(医療用帽子)
〇 胸部補整具(補整下着、エピテーゼ等)
〇 乳がん用バスタイムカバー(温泉入浴着)
3 助成を受けることができる者
次の項目すべてに該当する者(本人又は同一世帯の者)です。
□ 山口県内に住所を有している。
□ がん治療に伴う脱毛や、乳房切除により、ウィッグや乳房補整具等を必要としている。
□ 世帯の市町村民税のうち所得割課税年額が 23 万 5 千円未満である。
□ 申請する補整具は、平成 31 年 4 月 1 日以降に購入している。
□ 申請する補整具の購入に対して他の助成を受けていない。
□ 過去に山口県アピアランスケア推進事業助成金交付要綱による助成金交付を受けていない。
□ 県内医療機関のがん相談支援センター(5参照)でがん相談支援を受けている。
4 助成金の交付の流れ
① 交付申請書兼実績報告書を県に提出(郵送又は持参)
   ⇓
② 県が受けた日の属する月の翌月末までに交付決定及び交付額確定
(申請者、対象がん患者の住所地の市町長及び相談支援を行った医療機関の長に通知)
   ⇓
③ 交付額を確定した日から30日以内に、申請者の口座に助成金を振込
5 相談医療機関(がん相談支援センター)
 患者さんや家族、あるいは地域の方々にがんに関する情報を提供したり、相談にお応えしています。がん専門相談員としての研修を受けたスタッフが、信頼できる情報に基づいて、がんの治療や療養生活全般の質問や相談をお受けしています。
 センターが設置されている病院で診療を受けていない方もご利用いただけます。相談料は無料です。
(医療機関の詳細はホームページでご確認ください)
申請窓口 山口県健康福祉部医療政策課 医療対策班
備考 「制度説明用ちらし」「Q&A」などをホームページからダウンロードできますので、詳細をご確認ください。
相談医療機関(がん相談支援センター)の一覧はホームページでご確認ください。

※ 県下の各自治体の状況は順次情報公開予定です。
JHD&C更新日 2022/3/14

山口県の各市区町村の助成一覧はこちら

市区町村のページへ飛びます(外部リンク)

がん

0件
  • 現在表示できる助成はありません。

脱毛症・その他

0件
  • 現在表示できる助成はありません。

TOP